オールインワンゲルはそれぞれの肌質に効果的な配合成分で作られています。
ここでは目的別でよく使われる成分をご紹介したいと思います。


・乾燥肌が気になる人のオールインワンゲル
 基本とされるオールインワンゲルです。乾燥は正常なターンオーバーを阻害してしまいます。
お肌のトラブルは水分を保つことによってほとんど解決することができます。これまでの基礎化粧品も保湿効果を目的としているため、まずはこちらを試していただくと良いかもしれません。
注目したい成分としては、高い保水力で水分をキープするセラミドやヒアルロン酸、皮膚の弾力性を保ち、保湿成分としても効果が高いコラーゲンがあります。


・ハリや弾力を取り戻すエイジングケア用オールインワンゲル
 年齢とともに失われていくお肌のハリと弾力…長く保つには毎日のケアを徹底したいところ。アンチエイジングを目的とした場合に試して頂きたいのはこちらです。
注目したい成分としては、ハリと弾力の元となるコラーゲンやエラスチンが配合されているものや、活性化させコラーゲンを作成を促すビタミンC誘導体、トリペプチド-5、レチノールも効果的です。


・シミやくすみ、美白のためのオールインワンゲル
 こちらも年齢とともに出てくる肌トラブル。若い世代だけでなく40〜50歳代の女性にも人気があります。
注目したい成分としては、アミノ酸による美容効果の高いプラセンタ、美肌、美白の成分として知られているビタミンC誘導体やビタミンEなどの抗酸化ビタミン、紫根エキスなどが良いとされています。


・敏感肌の人向けのオールインワンゲル

 オールインワンゲルは様々な効果が1つに詰まっていることもあり、これまでの基礎化粧品でも刺激が強かった方には逆効果となる場合も出てきます。

そんなお肌の弱い方でも安心してお使いいただけるオールインワンゲルもあります。
注目したい成分としては、お肌への負担を減らす植物エキス、肌のバリア機能を助けて潤いを与えるセラミドやアミノ酸で乾燥や刺激から保護するよう作られています。